プロが教える筋トレの継続させる方法

更新日:2021年11月24日



今回のテーマは「筋トレは毎日やるのか?筋トレの継続コツ」です。



その前に私です。がどんな人間なのか下記にまとめて見ました。


中学生の時に筋トレに出会いハマる。

高校生でベンチプレス150㎏達成。

・大手キックボクシングジムでパーソナルトレーナーになる。

・市川駅から徒歩二分のところにパーソナルジムを建てる。

初心者からプロの格闘家まで幅広い層に筋トレから食事を指導する。

こんな感じに学生時代から筋トレをし今では市川市で自分のジムを持つまでになりました。

そんな私にも初心者の時がありました。当時を懐かしみながら解説していこうと思います。


 筋トレは毎日やるのか?

筋トレは毎日やるの?


結論、どっちでも大丈夫です。

やりたい人はやればいいし、毎日やりたくない人はやらなければいいと思います。

ただ、毎日やる人、やらない人では注意点がそれぞれ違うので、そこを解説していきます。


1:筋トレを毎日やる


毎日やりたいと考えてる人は1日で全身を鍛えることはやめましょう。

筋肉は筋トレにより筋肉が破壊され、休養と栄養を与えることで発達していきます。

なので全身筋肉を毎日鍛えたり、胸の筋肉を付けたいからと言って毎日腕立て伏せをやり続けていても効果は全くありません。

毎日やりたいと考えている人は一回で全身を鍛えるのではなく、部位を変えて毎日やるように心掛けましょう。

例えば、月曜日に胸、火曜日に背中といったように部位を細かく分けて筋トレをすることをオススメします。


2:筋トレを毎日やらない

毎日やらない人は週の頻度にもよりますが、例えば週に2回しか筋トレが出来ないとします。

その場合は1回の筋トレで全身やるようにしましょう。

週に2回しかトレーニングを行わない人は、筋肉を回復させる期間が長いです。ですが週に2回しかやらないので、筋肉に対する刺激が毎日やる人と比べて圧倒的に少ないです。

なので筋トレ毎日やらない派の方は全身を1日で鍛えたり、上半身、下半身など大きく分けて筋トレすると良いでしょう。


 筋トレを継続させる方法

継続のコツ


私は学生時代から10年間筋トレを継続させてきました。

なので私が思う初心者の方の筋トレが続かない理由を下記にまとめてみました。


・変化がない

・時間がない

・きつい

・近くにジムがない

・モチベーションが上がらない


この5つが多くの方が筋トレを続かない理由だと思います。

そんなお悩みを一つずつ、解決していきます。


【変化がない】

変わらない体

多くの初心者の方が毎日腕立て伏せや腹筋などで、間違ったトレーニング方法やフォームなどで行い、体に変化が現れないで辞めてしまいます。

なので最初はパーソナルジムなどマンツーマンで教えてもらい筋トレをすることをオススメします。

筋トレは最初の1年が、一番筋肉が発達すると言われています。

そこでしっかりとした正しい知識を付けるのが一番大切です。

付けた知識は一生ものなので始めたての方はパーソナルジムに行くことをオススメします。



【時間がない】

10分筋トレ

筋トレの上手な人は筋トレを行う時間はかなり短いです。

それは、筋トレの本質を理解してるからだと言えます。

長時間に及ぶ筋トレは筋トレではなく有酸素運動になってしまっています。

そうなると、筋トレをしているのに筋肉が削られていくということになります。

それを理解しているからこそ、上手な人は時間30分あれば確実に終わらせることができますし、その気になれば10オ分でールアウトさせることも出来ます。

時間がないと言ってる人もいますか日の10分も時間が取れないなんて事はないと思います。

限られた時間の中で全力で追い込みましょう。


【きつい】

きつい!!!

これは、どうしようもない事実です。

筋トレは筋肉にストレスを与えるので確かにきついです。

筋トレのつらさやきつさを無くすことは不可能ですが、マインドを変える事は出来ます。

例えばあなたが太っていたとして、その体で残りの人生過ごすのか、筋トレで体を変えて、理想の身体で残りの人生を過ごすのか。

筋トレがつらい時間なんてやっている時だけです。

着たい服も満足に着れず、自分の身体を鏡で見ることもできない、自分に自信がない、そんな人も多くいます。

この先もあなたはその体で満足なのでしょうか。

自分を変えたい、自信を付けたいと思ってる方は今からでもマインドを変え筋トレに取り組みましょう。


【近くにジムがない】

家で自重トレーニング!

体と地面があれば筋トレは出来ます。

自重トレーニングと言われるものです。

自重トレーニングは負荷を上げていくのに、休憩時間を短くしたりゆっくり行ったりなど、多少の知識とスキルがないと難しいですが、十分に効果はあります。

胸を鍛えるなら、ベンチプレスをするより腕立て伏せを行った方が筋肉動員数が多い事も研究で分かっています。

意外と馬鹿に出来ないのが自重トレーニングです。

私も、ホテルや旅館などに泊まった際によく自重トレーニングを行います。

場所を選ばない自重トレーニングは普段フリーウエイトで行っている人も知識として付けておいた方が良いと思います。


【モチベーションが上がらない】

カフェインでやる気UP!

筋トレは習慣にするのが一番楽だと思っています。

モチベーションは浮き沈みが激しいです。

雨だからジムに行くのが面倒くさいとか、友達と遊びに行きたいからとか、やめようとする理由はいくらでも出てしまいます。

全部が全部悪いとは言いませんが習慣にしてしまえばそんな事はないと思います。

雨だから歯を磨かないとか、友達と遊びたいから歯を磨かないというのは聞いたことがありません。

まずは、やりたくない日もとりあえずジムに行ってみたり、10回だけ腹筋をするなどしてみて下さい。

そうしたら、せっかくジム来たし軽くやろうとか、あと10回だけやろうなど少しでもやる気は出ると思います。

ジムに来たけどやっぱりやりたくない、そんな日があっても全然良いと思います。

それでも、小さいことを地道に積み重ねていきましょう。

それが習慣に繋がる一番の近道といえます。


筋トレを継続させる一番の方法は目標とマインドです。

自分自身どのような体になりたいのか、しっかり目標や理想像などを決め、それに向かい筋トレを行いましょう。

明日の自分は今日の自分より年を取ってしまっています。

今からでも始めることが大切です。

後悔ないように楽しい筋トレライフを送りましょう。


 まとめ

今回は「筋トレは毎日やるのか、継続のさせ方」について解説していきました。

正しい知識を付け後悔の無い様、楽しい筋トレライフを送って貰えたらと思います。

筋トレは人生をより豊かにしてくれます。

きつい事もあると思いますが、頑張りましょう。

心から応援しています。


 

【レンジャージム初のパーソナル専門ジムが市川駅から徒歩2分の所でオープン!】




  • プロが教えるマンツーマンのトレーニング指導+食事サポート!

  • 無料サービスが充実、手ぶら楽チン!

  • 完全予約制+個室なので周りの目を気にせずトレーニングが出来る!





気になる方は↓をクリック





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示